正社員求人の履歴書の書き方を再度復習!求人応募前に正社員求人の面接対策をチェック

ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~
ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~

ピックアップ!Pick Up

求人を探す前に正社員の魅力を再確認 求人を探す前に正社員の魅力を再確認

新着記事Article

正社員の求人は履歴書の書き方に注意

履歴書は大切な第一印象

4-1会社も採用活動の中で応募者全員と面接していると、それだけで膨大な時間がかかってしまいます。面接をする人は、それなりに職位の高い人なので、かなりのコストになってしまうのです。よって、会社では、まず履歴書や場合によっては、職務経歴書を予め送付してもらってから、書類上で面接する人を選びます。俗にいう、書類選考というやつです。そのため、履歴書は、面接の機会を得られるか否かの、大切なファーストステップなのです。

履歴書の心得

履歴書をただの形式上の書類だと思っていては大間違いです。採用担当者は、何全通と履歴書を見てきています。適当に書いた履歴書は、すぐに見破られてしまいます。担当者にこの人には会っておこうと思わせるようなことを書かなければなりません。いきなり履歴書に書き始めるのではなく、一度ノートなどに下書きをしてみるとよいでしょう。できれば、第三者にも見てもらうのをおすすめします。
また、手書きで書く場合は、とにかく丁寧に書くことが大切です。

履歴書を書く上でのポイント

基本として、誤字脱字はNGです!間違っても修正ペンなどで直さず、作り直しましょう。特に、基本的な情報は正確に書いて下さい。住所や郵便番号など、細かいところまで気を使って、何度も見直し、間違いがないようにしてください。
履歴書の記載で一番力を入れるポイントは、志望動機です。
インターネットなどで検索した志望動機の例文を書き写すなどもってのほか。ありきたりな言葉はぜったいに避けるべきです。企業の人事担当者を侮ってはいけません。彼らは、業務上、ものすごい数の様々な履歴書を見ています。マニュアル例文の書き写しなどはすぐにバレてしまいますし、当然、書類審査で不採用通知が送られてくることになります。
志望動機は、多少、文章が下手くそでも、自分の言葉で、なぜその会社に応募するのか、実際に採用されたら、どのような分野で、活躍していきたいのか、など、明確なビジョンを持って書いてください。アルバイトではありませんので、間違っても、通勤が便利なため。などと書かないように注意してください。
最後に、経験はできるだけ詳細に書きましょう。アルバイトであっても、立派な職務経歴です。アルバイトでは、どのような仕事をしたことがあるのか、その経験で何を学んだのか、どういった貢献をしたのかなども、整理してアピールしましょう。アルバイトのなかでも、リーダー的な存在だった。など、プラスと思われることは、どんどん書きましょう。ただし、履歴書にあまりごちゃごちゃ書くのはよろしくありませんので、この場合は職務経歴書を別途作成し、そちらに見やすく整理して記入し、履歴書に添付するのが良いでしょう。

このページの先頭に戻る

Copyright (C) 2014 ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~ All Rights Reserved.