面接の場で自分のやる気を最大限にアピール!求人応募前に正社員求人の面接対策をチェック

ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~
ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~

ピックアップ!Pick Up

求人を探す前に正社員の魅力を再確認 求人を探す前に正社員の魅力を再確認

新着記事Article

正社員採用の面接ではやる気を見せる

面接では、臆することなく、自分を表現しよう!

4-2面接は、あなたと企業のファーストコンタクトの場。人と人とのコミュニケーションが大事です。はじめてのデートを想像してみてください。髪型や服装にも気をつけますよね。話し方も丁寧になると思います。相手の話も真剣に聞きたいでしょうし、自分のことを知ってもらおうとするのではないでしょうか。面接は、はじめてのデートと同じです。どんなに緊張しても、言葉遣いが下手くそでも、仕事に対する情熱、やる気、思いなどを、感情を全面にだして話してみましょう。下手な理屈や、情報は不要です。どうしてもその会社に入って、仕事がしたい。という強い思いをもって臨んでください。熱意を持ってのぞめば、その思いは必ず伝わるものです。
尚、面接では誰でも多少は緊張するでしょう。緊張するのは仕方がないことだと思いますが、おどおどしたり、必要以上に萎縮してしまうと、伝えたいことも伝えられずに終わってしまいます。面接は、とかく企業側の立場が強いように感じるかもしれません。企業の面接官にもそのような思い違いをしている人がいますが、それは大きな勘違いです。確かに、採用するかどうかを決めるのは企業側ですが、その企業に採用されたとして入社するかどうかを決めるのはあなただということを忘れないでください。

熱意だけじゃ、だめ。 最低限の準備は必要です!

とは言うものの、熱意だけを持ってのぞめばいいというものではありません。 いくら熱意を伝えたところで相手企業のことを何も知らないようでは、相手からすれば「うちの会社のことを何も知らないのに、なんでそんなに入社したいの??」となってしまいますよね? 面接に行く前には必ず 相手企業のことをきちんとリサーチしましょう。 インターネットで調べればその会社のホームページを見つけることは簡単です。会社の規模、企業理念、取り扱い商品など、相手企業に興味を持ってしっかりと調べておいてください。興味を持って見ることが大切です。自分がその会社に入社したら何ができるのか?という視点で、興味を持って調べることで、自然と、疑問に思うことやもっと詳しく聞いてみたいことなども思いつくはず。そのようなことは全てメモしておきましょう。面接では、必ず最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれますので、そのときに、それらの質問を投げかけてみてください。それだけで、あなたの熱意が本物であることが伝わるはずです。
相手企業を知ることと同時に、今一度自分を見つめなおしておくことも重要です。今までのアルバイトで学んだこと、培った経験、長所、得意なことなどを、ひとおおり棚卸ししながら、もしその企業に入社したら、どの経験をどう活かしてどのような貢献ができるのか、どのようなことをしたいのかを考えておきましょう。相手を知り、自分を知る。その作業をきちんとしておけば、面接で聞かれるほとんどの質問に、自分の言葉で答えられるようになります。
また、採用面接はそう何度も経験するものではありません。面接には慣れているという人は、そう多くはないでしょう。そこで、事前にリハーサルをしておくことをおすすめします。相手は、家族・友人など、どんな人でもかまいません。面接の形式になってなくてもよいので、実際に人を目の前にして、自分の感情を言葉にして伝えるという練習をしてください。

無難な対応よりも、素直な個性をアピールしよう

なかなか面接に受からない典型的なパターンは、「印象に残らない人」です。面接官が、再度思い出そうとしてもその人のことが思い出せないような人です。声が小さかったり、ありきたりなことを話していたり。マニュアル通りのそつない対応で、無難といえば無難だけれど、光るものを感じない。そういう人はなかなか面接で残ることができません。逆に考えると、多少間違ったことを言っていても、印象に残った方が勝ちなのです。飛びぬけて明るい笑顔であったり、誰にも負けない熱意であったり、その人らしい素直な個性が見えることで、印象にも残るのです。 決して、奇抜なことを言えばいいという意味ではありませんので、くれぐれも誤解のないように。

このページの先頭に戻る

Copyright (C) 2014 ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~ All Rights Reserved.