甘い言葉の誘惑?ブラック企業には要注意!求人応募前に正社員求人の選び方を学ぶ

ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~
ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~

ピックアップ!Pick Up

求人を探す前に正社員の魅力を再確認 求人を探す前に正社員の魅力を再確認

新着記事Article

ブラック企業の正社員求人に注意

ブラック企業とは

3-3最近、ニュースなどでもよく取り上げられていますので、「ブラック企業」という単語を聞いたことがない人は少ないのではないでしょうか。ブラック企業とは、具体的には、次のような特徴をもった会社のことをいいます。

・労働時間がやたら長い
・残業代がでない
・離職率が異常に高い
・インターネットで悪口をよく目にする

ブラック企業とは、社員を大切にせず、労働時間がやたら長く残業代も出ないという劣悪な労働環境のもとで働くことを強制する会社です。他に、パワーハラスメントなどのいじめがある場合もあります。そのため社員が定着せずどんどん辞めていくので離職率が高くなります。社員を大切にしない会で働くのは、社員にとって、とてもつらいことです。運悪くそのような会社に入社してしまうと、体を壊したり、精神的に追い詰められてうつ病になってしまったりします。そのような事態を避けるため、間違ってもブラック企業に応募しないよう気をつけましょう。会社は心身をぼろぼろにしてまで働くところではありません。

ブラック企業を見抜く

ブラック企業は、まず離職率が高いのが特徴です。そのため、常に求人を出し、人を募集しています。求人サイトや求人雑誌などを見ていく中で、新店舗拡大などの明確な理由なく、常に求人情報を掲載しているような企業は、ブラック企業の可能性が高いです。ブラック企業まで行かなくとも、離職率が高い会社と見てまず間違いないでしょう。離職率が高いということは、何か働きにくい問題があるということです。避けたほうが無難でしょう。
ちなみに、ブラック企業が多い業界としては、つぎの業界があげられます。

・飲食関係
・零細IT企業
・消費者金融

もちろん、これら全てがブラック企業というわけではありません。これらの業界にも、優良企業は多数存在していますが、一般的にブラック企業の割合が多く、危険度が高い業界ということです。求人サイトなどで、甘い言葉や言葉巧みに応募者を募るようなことを書いている会社は要注意です。そもそも、どんな業界でも、楽してお金をもらえることなどありません。もしも、そのような誘い文句をかいている会社をみつけたら、クリックしてはいけません。他に例のないような好条件で募集している場合なども、ちょっと注意が必要です。なかなか採用が決まらないと、気持ちも焦ってきてしまうと思いますが、じっとこらえて、慎重に選ぶようにしてください。

このページの先頭に戻る

Copyright (C) 2014 ゼロからの正社員~求人探しの千里の道も一歩から~ All Rights Reserved.